市川屋市川屋

日々のこと

お知らせや考え方について。

考え方

DAZNキャンペーンの当選メールがヤバすぎた!ので弊社の連絡ツールを紹介します

更新日:

パソコンをしている風景

photoBさんによる写真ACからの写真

 

先日DAZNの「きなしーとプレゼントキャンペーン」に応募したところ、5月31日(金)東京ドームで行われる読売ジャイアンツ vs 中日ドラゴンズ戦のペア観戦チケットが見事当選しました!…が!!

 

ん!?このメールやばくない?ITリテラシー大丈夫か??

と目を疑う光景が…こちら!!

 

DAZNキャンペーンの当選メールがヤバすぎた!のでメールに関して考えてみた

※TOのモザイク部分に当選者のメールアドレスがズラーッと。

 

TOで当選者全員に連絡するとは!!!

このやり方ならBCCで連絡でしょ!!!!

 

 

衝撃はこれで終わらず、当選メールに個人情報を返信してから2時間後…なんと「取り消し」の旨の連絡が!!

 

DAZNキャンペーンの当選メールがヤバすぎた!のでメールに関して考えてみた

※TOのモザイク部分に当選者のメールアドレスがズラーッと。

 

 

「どういうこと?」とDAZNのお問い合わせチャットに連絡をして、待つこと数時間。

 

DAZNキャンペーンの当選メールがヤバすぎた!のでメールに関して考えてみた

 

とのこと。

 

 

まぁ、当選したので良かったのですが、デジタルプラットフォームを展開している企業らしからぬ、メールセキュリティ&メール内容でビックリしたので、「人の振り見て我が振り直せ」ということで、いま一度弊社の周りを見つめ直して見ようと思います。

 

 

弊社では、基本メールでのやり取りは行わず、チャットワークを利用しています。

理由としては、プロジェクト毎にログやタスクが管理しやすいためです。

でもクライアント様とは基本メールでのやり取りが多いので、最低限のルール決めはしています。

  1. クライアント様と1対1のやり取りはしない。

この1点だけです。

 

「1対1のやり取りをしない」=「プロジェクトメンバーをCCに入れる」という単純で簡単なルールです。

CCに入れられるとメールの量が格段に増えて煩わしかったりしますが、情報共有やリスクヘッジのためにCCは重要だと考えています。

ただCCを入れるのを忘れたり、返信の際にCCが外れてしまったりするケースがあるので、チャットワークのようなツールを導入すると業務効率になりとても便利です。

 

他、マイクロソフトのTeamsSlack…など様々なツールがあるので、メールベースのやり取りから自分たちに合うツールへの切り替えをオススメします!

逆にLINEMessengerHangoutなどでのやり取りは、ログが漁れなかったり、既読になることのストレスが生じるので業務効率ツールとしてはオススメしません。

またビデオ会議などは、チャットワークなどについているもので十分ですが、単体で使うとなるとSkypeではなく、安定性の高いZoomが最近は多いですね。

 

 

そんなわけで、31日は楽しんできます!!

Copyright© 株式会社市川屋 , 2020 All Rights Reserved.